養命酒をやめた後で、効果があったことを実感した

飲み続けている間は、効果を実感することができなかった”養命酒”

だが、養命酒をやめてから、いろいろな体の不調が出るようになった。

ここでは、

  • 養命酒をやめようと思った理由
  • 養命酒をやめてから出てきた体の不調

について書いています。

養命酒をやめようと思った理由

養命酒をやめた理由は、「本当に効果があるのかな?」と思ったから。

これまで継続的に飲んでいたので、「ひょっとして、飲まなくても変わらないんじゃないのか?」と考え、いったん飲むのをやめ、体の調子に変化があるのか確かめることに。

それに、結構値段が高いのも理由のひとつでもあった。

1Lのものは、いちばん安くても、楽天市場で2178円(税込)。 ※2020/07/26時点

毎日飲むものだから思ったよりもすぐに無くなる。

1回20mLを1日3回飲むので、16日程度でなくなる。

単純に計算すると、1杯当たり約43.5円、1日3回だと130.5円。

また、1ヶ月にだいたい2本消費することになる。

年間に換算すると、24本分で52,272円。

そう考えると、「なんだかもったいないな…」という気になってきたのだ。

養命酒をやめて1ヶ月、徐々に体の不調が…

だが、養命酒をやめてから1ヶ月、当初のもくろみは外れ、体に不調が現れるようになってきた。

体の不調は、主に次の2点。

  • 慢性的な胃もたれ
  • 夜中に目が覚める

体の不調1:常に胃もたれのような不快感が現れるように…

1つ目の体の不調は「慢性的な胃もたれ」

養命酒をやめたこと以外に、食事の量を増やしたとか食べるものを変えたなど、胃もたれの原因になるようなことは思い当たらない。

「いや、ひょっとしたら食べすぎなのかも…」と思い、1日昼食を抜いてみても、胃腸の不快感は変わらなかった。

改めて養命酒の効能を見てみると、”次の場合の滋養強壮”の中に「胃腸虚弱」がある。

製品情報|養命酒製造株式会社
薬用養命酒に関する情報サイト。養命酒はウコン、ケイヒ等14種類の生薬が溶け込む薬酒です。冷え症(冷え性)、体の疲れ等に効果的です。生薬の情報や自律神経失調症、更年期障害についての情報もあります。養命酒の資料請求はこちらから。

知らず知らずのうちに、胃腸の機能を高めてもらっていたのかもしれない。

体の不調2:夜中に目が覚めるように…

2つ目の体の不調は「ぐっすり眠れなくなったこと」

養命酒をやめてから1ヶ月ほど経ったが、夜4時頃に目が覚めるようになった。それも毎日。

「養命酒 睡眠」で調べてみると、ぐっすり眠れない原因として、「冷え」が挙げられていた。

ぐっすり眠れていますか? | 養命酒製造株式会社
寝付きが悪い、寝ても疲れが取れない方へ最適な冷え対策をご提案します。

養命酒の滋養強壮にも「血色不良」と「冷え症」の文字があった。

ひょっとすると、養命酒を飲まなくなって、血行が悪くなり、体が冷えた状態に。

そして、深く眠ることができなくなってしまっているのかもしれない。

また、良質な睡眠を得るための方法を書いた「SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術」という本にも、次のような記述がある。

良質な睡眠がとれるかどうかは、お腹のなかの環境に左右される。
(中略)
要するに、腸が健康でちゃんと機能することが、睡眠の質に大きく影響するというわけだ。

(引用:SLEEP 最高の脳と身体をつくる睡眠の技術

胃腸の不快感も、深く眠れないことの原因のひとつかもしれない。

養命酒は、「胃腸虚弱」も改善するので、睡眠の質もさらに上がる余地はある。

長く愛され続けているのには、理由がある

調べてみると、養命酒はなんと約400年前から作られているとのこと。

養命酒の創製は今から400年以上前|健康知識・情報|養命酒製造株式会社
養命酒の創製は今から400年以上前。養命酒には様々な生薬が合醸されています。胃腸虚弱、冷え性、しもやけ等の対策について。

それほど長い年月が経った今でさえ、各地の薬局で目にする養命酒。

それは、養命酒が

  • 冷えの改善
  • 胃腸を整える
  • 疲れの回復

に効果のあることの証明ではないでしょうか。

効果がないものであったのならば、400年もの間に消えてなくなっていることでしょうから。