若い世代だからこそ外出自粛を真剣に考えたいたった1つの理由【リスク管理】

コロナ関連のトピックをいくつか見ていると

  • 「若い人は、重症化する人の割合が低いんでしょ?」
  • 「かかっても重症化しないなら、問題ないでしょ?」

といった主張を見かけることが少なくありません。

ただ、この考え方は少々危険ではないかと思うようになりました。

しかも、ここで伝えたいのは

  • 「高齢者に感染させたら大変だ」
  • 「医療崩壊がしたらどうするの?」

といったようなことではありません。

「後遺症が生じた際、若い人のほうが損失が大きい可能性がある」ということを考えてみたいのです。

無症状でも後遺症に悩まされるケースも

若い世代にとって、コロナの後遺症で最も恐ろしいことは「無症状だったとしても、後遺症に悩まされるケースがある」ということではないでしょうか。

そして、後遺症の中には、日常生活さえままならない症例がいくつか報告されています。

最初の発熱などの症状は軽くても、その後の“後遺症”で学校や会社に行けなくなる人もいる

若い人たちが重症化する例は少ないかもしれないが、メカニズムはまだよく分からないものの、呼吸が苦しい、頭が痛い、微熱が続くといった後遺症で苦しむ人が、かなりの数でみられていて注意しなければいけない

(引用:コロナ “後遺症 若い世代にも”700人以上診療の医師訴える

こういった後遺症がどれだけの期間続くのか、そもそも治るのかどうかは、まだ明らかにはなっていません。

あと何年、後遺症と一緒に生きないといけないのか

ここでは、最悪なケースとして、「一生涯、後遺症が残る場合」を考えてみたい。

日本人の平均寿命は、男女ともに80歳を超えているので、単純に「80歳まで生きる」と仮定しよう。

60歳の人がコロナに感染し、後遺症が残ったとすると、人生の残り20年は後遺症を抱えたまま生活しなければならない。
この場合、人生の25%の期間、後遺症の苦しみと共に生活することになる。

同様に考えてみると、40歳の人であれば、40歳から80歳までの40年間、後遺症と戦う日々を送ることになる。これは、人生の半分を占める期間だ。

では、20歳の人に後遺症が発症すればどうなるだろうか。
20歳から80歳までの60年間、言い換えると今まで生きてきた期間の3倍にあたる60年間、後遺症と共に生活することを強いられる。

いまの楽しみだけでなく、これからの幸せも考えてほしい

  • 仕事
  • 結婚
  • 出産
  • 育児
  • 新しい趣味
  • 挑戦したいこと

20歳の人であれば、これからの60年でいろんな人に出会い、様々な経験をする中で、いままで味わったことのない幸せや喜びに出会うことでしょう。

でも、そういった有意義な経験や年齢に応じた感動は、健康でなければ味わうことができません。

もちろん

  • 「人間いつ死ぬかわからないし、いまが楽しくなきゃ意味ないでしょ?」
  • 「今しか味わえない楽しみがある」
  • 「もし、重い後遺症が残ったら、その時は…」

といった考え方を否定するつもりはありません。

ただ、いずれにせよ

  • 重症化しなくても、後遺症の症状が出てくるケースがある
  • いまのところ、どれだけの割合・確率で後遺症が出てくるかわかっていない
  • 後遺症の治療法は、まだ確立されていない
  • どれだけの期間、後遺症が続くのかまだわからない

といったことのリスクを、いま一度考えてみてほしいのです。

「あの時、外出自粛に応じていれば…」

と後悔する人が出ないこと、そしてここで考えたことが杞憂に終わることを願っています。

私も”若い世代”のひとりとして。

(参考記事)