夫婦で同業種って、リスクが高いんじゃないか?

夫婦共働きであれば、ある種のリスクヘッジにつながります。

しかし、夫婦で同業種の場合、そのリスクヘッジの効果が少なくなるのではないでしょうか。

ここでは、

  • 時代の変化
  • 感染症の流行
  • パートナーの不祥事

という3つの観点から、そのリスクの高さを考えてみたいと思います。

夫婦共働きというリスクヘッジ

ひとつの家庭で、複数の収入源を持つことは、リスクヘッジにつながる。

一方が病気やケガ、失業に見舞われた場合でも、もう一方が働いていれば、少しの間なら、なんとかやりくりできる可能性が高い。

しかし、ひとり身であったり、周りに頼れる人がいない場合、事態はいっきに悪化する。

その時点で貯金がなければ、生活もままならない。

人との付き合いが希薄になったいまだからこそ、リスクヘッジという観点から見れば、結婚の価値は、従来よりも高くなっているのではないでしょうか。

ひとつの出来事で、夫婦揃って収入を失う可能性が…

しかしながら、同じ業種同士の結婚では、リスクヘッジの役割が十分に果たせなくなる可能性が出てくる。

なぜなら、ひとつの社会的な出来事に対して、共倒れになる可能性があるからだ。

ケース1:時代の変遷による特定の業種の衰退や倒産

1つ目のケースは、「時代の流れ」

昔は、”銀行に入れば、生涯安泰”とまで言われていた。

しかし、今は金利も低く、テクノロジーが進歩するに従って、省人化も進む。

人材削減を図っていかなければならない局面にきている。

銀行員が「一生安泰」ではなくなった深刻背景 | 最新の週刊東洋経済
ここ5年ほどで、銀行員の転職が急増している。本業の収益先細りや相次ぐ人員と店舗の削減計画の発表で、これまで一生安泰と見られてきた銀行員のキャリアへの不安が顕在化。支店長を目指して勤め上げる出世すごろ…

銀行に勤めていれば、そういった時代の流れの影響を受けることになる。

夫婦そろって銀行勤めだと、なおリスクは高まる。

また、同じ企業で働いている場合は、さらにリスクは高くなる。

それがたとえ大企業であったとしても。”大企業は安泰”は、もう過去の話だ。

”四代証券”の一角である”山一證券”は廃業し、大手家電メーカーの東芝やSONY、SHARPもかつて大規模なリストラを断行したことがある。

夫婦そろって働いていれば、夫婦そろって職を失う可能性もある。

ケース2:感染症による休業要請や自粛による客数減

次のケースは「感染症」

コロナが流行し、緊急事態宣言の発令。飲食業や観光・サービス業は休業を迫られた。

また、緊急事態宣言が解除された後も、なかなか客足が戻らない。

もし夫婦で飲食業や観光・サービス業に従事していたら、一気に収入減が失われることになる。

さらに事態が深刻なのは、夫婦で営んでいる自営業者だ。

この先の見通しが立たない中でも、店舗の賃貸料は重くのしかかってくる。

このまま店を構えるのか、それとも店をたたむのか、苦渋の選択を強いられる。

ケース3:パートナーの不祥事やスキャンダルによる信用の低下

最後は「パートナーの過失やスキャンダル」

これは、評判や信頼が重要視される職業(芸能人や政治家、医者、教師など)特定の業種に限られるリスクになります。

パートナーにスキャンダルが報じられたら、もう一方の仕事も当然なくなる。

たとえ、パートナーのスキャンダルが本人とは一切関係のないことでも、その影響は計り知れない。

  • 芸能人の不倫やスキャンダル
  • 政治家の不祥事
  • 医者の医療ミス
  • 教師の暴力行為やわいせつ行為

他業種であっても、影響がまったくのゼロとは限らないが、同業種どうしであれば、インパクトはより大きくなることだろう。

信頼が大きなウェイトを占める業種であれば、なおさら。

可能性を拡げるための行動が重要になってくる

ここまで”夫婦で同業種のリスク”を考えてきましたが、もちろん結婚は相手の職業で決めるべきものではありません。

必要なのは、日頃から”なにかあったときに備える行動をしておくこと”ではないでしょうか。

この先、生き残っていく業界・企業なんてわかりません。

しかしながら、日々、時代の変化に気を配り、次に来ると言われているもの(いまなら”AI・人工知能”とか)に対する知識や技術を取り入れることが必要でしょう。

5年後、10年後に「生き残る会社/消えている会社」を実名公開!(週刊現代) @moneygendai
昨日まで好調だった会社が、明日も好調とは限らない。激動の時代を生き抜く会社はどこか。経営に精通する識者たちの採点をもとに、347社の「通信簿」を公開する。

また、従来のやり方にこだわることなく、社会の変化に応じて、柔軟に対応していく姿勢も求められる。

「自身が提供している価値はなにか?」を意識して、変えていいところ・変えてはダメなところを明確にしつつ、環境に適応する形で進化していく。

そういった考えを持つパートナーと巡り会えれば、たとえ同業種どうしの結婚であっても、一生安泰なのかもしれません。