彼女いないのに”一途”な私は、”ストーカー”と同じだった

alone

「一途な人が好き」

「何度もアタックされて、彼の真剣さが伝わった」

そんな言葉をよく聞く。

でも、それを真に受けてはダメ。

 

ここでは、付き合ってもないのに”一途”なのは、止めたほうがいいと思った体験を書きます。

惚れやすいのに、奥手な私

気がつけば、いつも一目惚れだった。

「あっ、この人いいかも…!」と、ひと目見た瞬間に判断し、好きになる。

でも奥手な私は、話すことさえなかなかできなかった。

しかし、片思いが数ヶ月ほど経ってくると、気持ちを抑えることができなくなる。

にいろくお
にいろくお

どこか遊びに行きませんか?食事はどうですか?

とデートに誘っていた。

でも、相手からの返事は、だいたい同じようなものだった。

その日は予定があって…。空いてる日があれば、連絡しますね!

”一途なら想いは伝わる”なんてことはなかった

「相手にとっては、突然の出来事だった。」

いまなら、冷静にそう考えることができる。

なんせ、ほとんど関わりがなかった人からのアプローチ。

当然、断られる。

 

でも当時は、”断られたかどうか”さえわかっていなかったのかもしれない。

その後も諦めきれず、何度もお誘いを繰り返した。

何度も何度も。

”一途なら想いは伝わる”と信じて。

 

でも、うまくいくことは一度もなかった。

返ってくるのは、以前と同じような断りのメッセージだけだった。

”一途なら想いは伝わる”なんてことはなかった。

女性からしたら、恐怖でしかない

もし、好きでもない男性から何度も何度も誘いがあればどう思うのか?

男性と比べると、女性は腕力や体格で劣る。

  • 「何度も何度もしつこいなあ…。」
  • 「上手い事断らないと、何をされるか分からない…。」
  • 「はっきりと断って、もし逆上でもされたら…。」

そう考えるのも、ごくごく自然。

恐怖を感じることだってある。

だから女性は直接的な言い方を避け、間接的な表現で断る。

  • 「みんなで一緒に行きませんか?」
  • 「その日は予定があって…。」
  • 「空いてる日があれば、連絡しますね!」

やんわりと断ることで、彼女たちは自分の身を守っていた。

そんなことに、私は気づいていなかった。

さっさと諦める

だったら、私たちにできることは、ただひとつ。

”一度でも断られたら、すぐに諦めること”

  • 「一度断られたぐらいで諦めるのかよ!」
  • 「お前の気持ちはそんなもんだったのかよ!」

心の中の”熱血漢”が叫ぶときもあった。

しかし、そんな話が通用するのは、ドラマや漫画の世界だけだった。

自分に都合のいいように考えていたときもあった。

  • 「ひょっとして、私の気持ちを確かめてるのかな?」
  • 「一度は断って、本気度を確かめているんだ」

でも、そんなことをする女性は現実にはいなかった。

そんな考えが頭に浮かんだら

  • 「人の気持ちを試すようなやつに、ろくなやつなんていねぇ!」
  • 断られるってことは、恋愛対象外なんだ。

そう自分に言い聞かせて、さっさと諦める。

“一途”は付き合ってからの話

恋人がいないなら、いろんな人との交流を楽しんでみる。

女性だけでなく、男性とも関わりを持つ。

会社の先輩や知人が紹介してくれた人など、人とつながるきっかけを大切にしていく。

そうしていくことで、人脈って広がっていくのかなって。

そういった交流を繰り返しながら、自分に合った人との出会いへ。

 

  • 「あまり深く考えず、友達と遊ぶ感覚で。」
  • 「意識しすぎて、変に緊張しないように。」
  • 「緊張は相手に伝わる。」
  • 「いかにも”自然だ”と思われるように。」

そんなことを自分に言い聞かせながら、これからは過ごしていきたい。