趣味

これこそ理想の夫婦像!「監督不行届」を読んだ感想

「監督不行届」という漫画をご存知だろうか? 作者は「働きマン」の原作者、安野モヨコさん(作中では、ロンパース)。そして、安野さんは、あの「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明さん(作中では、カントクくん)と結婚されました。そのロン
2018.09.02
コラム

人の目なんて気にしないで

周りの目を気にして、やりたいと思うことができないという経験は誰でもあると思います。例えば、「今日は仕事も捗ったし、早く帰ろう」と思っても上司がまだ仕事をしているので帰れなかったり、転職しようと思ったが、親が反対するので転職をあきらめたり。
2018.07.26
恋愛

“嫌われそうだし、やめておこう”が好かれない原因だった

「こんなこと言ったら嫌われるかな?」「こんなことしたら軽蔑されるかな?」「この人とはまだそこまで仲良くないし、やめておこうかな?」 何かおもしろいことが浮かんでも、すぐに上記のようなことを考えてしまい、ためらってしまう。人の目を気にす
2018.03.10
コラム

お金のことならこの一冊!「働く君に伝えたい「お金」の教養」を読んだ感想

社会人になって、お金に対する疑問が次々と出てきました。「貯金っていくらあれば大丈夫なの?」「保険って入ったほうがいいの?」「賃貸とマイホーム、どっちが得なの?」などなど。 そこで、「働く君に伝えたい「お金」教養」を読んでみましたが、い
2018.09.02
恋愛

“もらう”人より”与える”人へ

文明が発達し、お金を出せばいろいろなサービスを受けられる時代になりました。しかし、それに伴って、私たちは損得で物事を考えることが増えたような気がします。 損得感情で考えると、"与える"行為は損であるといえますが、私は損をしてでも"与え
2018.11.06
コラム

やらなければ、ツケは必ずまわってくる。

人生では、"適切な時期にきっちりと達成するべきこと"がいくつもあります。社会人になって初めてわかったことですが、私はいままでそのような課題から逃げてきました。ここでは、社会人になるまで(特に学生時代)にやるべきだったと感じたことをあげていき
2018.07.26
恋愛

初対面で何を話せばいいか、分からないけど

私はどうも、親しい友人以外の人と会話をするのが苦手なようです。口数が少ないということもあるのか、会話が続かず、相手と気まずい空気になることなんかしょっちゅうです。相手から話題を提供してもらっても、気の利いた返しなどできず、当たりさわりのない
2017.12.03
コラム

完璧主義は、もうやめた

私は、昔から計画をたて、その通りに実行し、物事を成し遂げるのが好きでした。いわゆる"完璧主義"というやつです。 効率よい方法を調べ、その情報に基づいた計画を立て、実行する。 しかし、いま振り返って見ると、完璧主義のせいで、人生の
2018.07.26
恋愛

2人にアプローチするのって”あり”?

同時に2人の女性にアプローチをかけるのはどうなんでしょうか。「付き合っている人がいないので、浮気にならないし許されるだろう」と思う一方で、何か後ろめたいことをしているみたいで、相手に失礼と感じてしまったり… そこで、2人にアプローチす
2017.12.03
コラム

なぜ読書をするのか?読書の効用を考える

私の趣味のひとつに読書があります。活字離れが叫ばれている中、なぜ読書をするのか。読書のメリットはどこにあるのか。自分なりに考えたので書き記します。
2018.09.02
スポンサーリンク