感想

感想

絵本「ぼくを探しに」 単純な絵と示唆に富んだ内容で大人も楽しめる

「ぼくを探しに」は、アメリカ人の作家"シルヴァスタイン"が書いた絵本。 主人公は、円の一部分が欠けたような形をした"ぼく"。 何かが足りない それでぼくは楽しくない (引用:ぼくを探しに) そう考え、”ぼく”は足りない部分
2020.12.21
感想

ドラマ「エール」 ただの朝ドラじゃない!祐一の壮絶な人生と心に刺さる名言の数々【感想】

朝ドラ「エール」は、実在する作曲家である”古関裕而(こせきゆうじ)”さんをモデルとして、ひとりの作曲家の人生を描いた連続ドラマ。 主人公の”古山祐一”は、気が弱いうえに勉強も運動も苦手。自分には何も取り柄がないと思っていた祐一だった。
2020.12.21
感想

漫画「妻は他人 だから夫婦は面白い」 理想の夫婦像がここにある【感想】

「妻は他人 だから夫婦は面白い」は、さわぐちけいすけさん(@tricolorebicol1)夫婦の日常の出来事をつづったエッセイ漫画。 二人の日常は、ほのぼのとして癒やされます。 それでいて、思いやりに溢れた言葉やしっかりした考
2020.12.07
感想

マンガ「ダイの大冒険」 2人の少年の成長を描いた冒険の旅【感想】

「ダイの大冒険」は、人気RPGゲーム「ドラゴンクエスト」をモチーフとした冒険マンガで、1989年から1996年にかけて、週刊少年ジャンプにて連載されていた。 ゲームの「ドラゴンクエスト」と同様に、突如として現れた大魔王を討伐することを
2020.12.21
感想

マンガ「アイシールド21」 挑戦し挫折や葛藤に立ち向かう男たちの物語【感想】

「アイシールド21」は、2002年から2009年にかけて、週刊少年ジャンプにて連載されていたアメフト漫画。 主人公の”小早川瀬那(セナ)”は、体は小柄で貧弱。気も弱いが足だけは速く、普段は不良のパシリとしてこき使われていた。 し
2020.08.23
感想

マンガ「初恋限定。」は、それぞれの恋愛を描いた名作ラブコメ!なぜ打ち切りに?【感想】

「初恋限定。」っていうマンガ、知っていますか? 意外と知らないっていう人、多いんじゃないでしょうか。 私自信、友達に「知ってる?」って聞いたことがあるんですが、マンガ好きの友達以外からは、「知らない」って返事が。 でも、「
2020.12.05
感想

「スタンフォード式 最高の睡眠」は私を救った本!これで昼間の眠気とオサラバだ【感想】

「夜、しっかり寝たはずなのに、朝起きるのがつらい…」 「昼間、頭が冴えなくて仕事にならない…」 そういった悩みを抱えてはいませんか? そう、を読む前の私みたいに。 この本を読んでから、私の睡眠の質は、一気に改善したの
2020.12.05
感想

冨樫先生の最高傑作は”レベルE”。隠れた名作の魅力を語る

あなたは”冨樫義博”という人物をご存知でしょうか。 漫画好きの方ならご存知かもしれません。 彼は、”ハンターハンター”や”幽遊白書”と言った ジャンプ史に残る名作を生み出した漫画家。 これらの作品は、ジャンプの黄金期を支え
2020.12.05
感想

いまだからこそ伝えたい!ももクロメンバーの魅力について

2018年1月21日のライブをもって、有安杏果さんがももクロを卒業されました。 杏果が卒業することで4人になったももクロ。 そして、卒業して"普通の女の子"に戻る杏果。 4人になっても、たくさんの人にももクロを応援
2018.09.02
感想

才能あふれる打ち切り漫画家!?”尾玉なみえ”の魅力を語る

”尾玉なみえ”というギャグマンガ家を知っていますか? 代表作は 純情パイン 少年エスパーねじめ マコちゃんのリップクリーム など。 ひょっとして 「どの作品も知らないし、そもそも誰だよ!」
2020.12.05
スポンサーリンク