「人間だもんね」 Jリーグ村井チェアマンの”おおらかさ”から学ぶ

NHKの朝のニュース番組のコーナーで、密着取材を受けていたJリーグの村井満チェアマン。

その取材は、コロナの影響で開幕延期となっていたJリーグがやっと再開されたときのもの。

私は、その取材の中のある一言がとても印象に残っている。

村井チェアマンの”おおらかさ”が溢れていた

ゴールを決めた選手が仲間と抱き合って喜びあっていた様子を見て、村井さんはボソッとつぶやいた。

「人間だもんね」

この一言に、村井さんの”おおらかさ”を感じた。

やっとリーグが再開されて、ゴールを決めたときの選手の喜びは、普段よりも大きかったのだろう。

この「人間だもんね」は、そんな選手たちの気持ちに寄り添った言葉に聞こえた。

私の目には、村井さんがとても人間らしく、そして魅力的な人に映った。

私の頭には、批判の言葉しか浮かばなかった

「人間だもんね」

同じ映像を見ていたとき、私の頭には、そんな言葉は1ミリも浮かばなかった。

私の頭の中には、

「こんなときに抱き合って喜びあっていいの?」

というような批判的な言葉しか出てこなかった。

きっと、私が村井さんと同じ状況に置かれていたら

「なに抱き合って喜んでいるんだ!時期を考えろ!」

と頭ごなしに怒鳴っていたに違いない。

 

確かに、感染を広げないためにも、接触を避けて喜びを表現するべき。

もちろん村井さんも「人間だもんね」と言った後、「喜び方も考えないといけないとね」とおっしゃられていました。

けれど、抱き合って喜び合う姿を見て、批判的な言葉しか浮かばなかった私と、「人間だもんね」という優しい言葉が第一声として出てきた村井さん。

村井さんみたいな心の大きな人に、少しでも近づけるように、普段の行動や考え方を見直していきたい。

”○○だもんね思考”でおおらかさを取り戻す

この「○○だもんね」という考え方は、日常のあらゆる場面で役に立つことに気がついた。

例えば、電車の中で赤ちゃんが泣いているときや、公園で子供が騒いで遊んでいるとき。

「うるさいな、もう。イライラする」と思ったときに、

  • 「でも、赤ちゃんだもんね。泣くのが仕事さ。健やかに育つといいな。お母さんも大変だと思うけど頑張ってね。」
  • 「子供だもんね。元気があっていいね。こっちもなんか元気が湧いてきたよ。」

そう考えると、穏やかな気持ちを持てる。

また、「○○だもんね」と考えられる人って、どこか人間らしさを感じられる。

優しくおおらかで、心が大きな人。そんな大人に私はなりたい。