誰でも簡単に”きれいめ”ファッションができるたったひとつの極意

“おしゃれ”や”モテる”ファッションとしてよく見かけるのが、“きれいめ”というもの。

“きれいめ”ファッションの特徴としては

  • 清潔感がある
  • 大人っぽい

などがあります。

汚らしく、だらしない人は誰だって嫌。

子供っぽいより大人らしい人のほうが魅力的。かっこよく見えるし。

こうやってみると、”きれいめ”ファッションは女性受けがバツグン!

だから、”きれいめ”ファッションは「女性にモテたいんや!」って方にイチオシのファッションなんです。

「でも、”きれいめ”ファッションってどんな服装?どうすればできるの?」

そんなことを思っている方でも、簡単に”きれいめ”ファッションができる極意を、ここではご紹介いたします。

もちろん

「いままでおしゃれに興味がなかったんだけど…」

っていう方でも大丈夫ですよ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

極意︰ビジネスカジュアルをさらにカジュアルにする

“きれいめ”ファッションが簡単にできる極意は、“ビジネスカジュアルの服装をさらにカジュアルにする”ということ。

そもそも、ビジネスカジュアルは、ビジネススタイル(スーツ姿)を少しカジュアルにするのが基本。

(「ビジネスカジュアルって何だ?」という方は、おしゃれ初心者でもうまくいく!”ビジネスカジュアル”のコツもどうぞ!)

“きれいめ”ファッションでは、そのビジネスカジュアルをさらにカジュアルにするのです。

なので、基本となるアイテムは、”ビジネスカジュアル”で使うもの。

具体的には

  • 襟つきのシャツ
  • テーラードジャケット
  • スラックスorチノパン
  • コート類

など。

それらのアイテムを”きれいめ”ファッションでも使います。

(「ビジネスカジュアルで使うアイテムってどこで買えばいいの?」という方には、これで間違いなし!ビジネスカジュアルの定番・鉄板アイテムもオススメ。具体的な商品をご紹介しています。)

じゃあ、「具体的に”ビジネスカジュアルをカジュアルにする”ってどうすれば…?」っていうことですが、簡単なのは

“ビジネスカジュアルのコーディネートに、カジュアルなアイテムに加える”

というもの。

  • スラックスをジーンズに変えてみたり
  • 襟つきのシャツをTシャツにしてみたり
  • 靴をスニーカーに変えてみたり

そんな感じで、ビジネスカジュアルの中で、少しだけ”カジュアル”にするのです。

それが、”きれいめ”ファッションの極意。

“きれいめ”ファッションに使えるカジュアルアイテム

“カジュアルなアイテムを加える”といっても、使ってはいけないアイテムがあるのも事実。

「カジュアルだから、スウェットを使おう!」なんて早とちりしてはダメ!

“きれいめ”ファッションでも、過度な”ダボダボ”や”だらしなさ”は厳禁。

“部屋着みたいだな”っていう印象を与えやすいスウェットを使ってのコーディネートは難しい。

“きれいめ”ファッションで使えるカジュアルなアイテムは主に

  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • パーカー
  • ケーブルセーター
  • タートルネックセーター
  • スニーカー

などなど。

ビジネスカジュアルの服装に、これらのアイテムをうまく取り入れれば、”きれいめ”ファッションのできあがり!

“きれいめ”コーディネートの注意点

注意1︰シンプルなアイテムを使う

“ダサい”ってよく言われるアイテムって、ありますよね。

  • 英字がプリントされたTシャツ
  • 重ね着をしているようにみえるシャツ
  • 裏返すとチェック柄の入ったズボン

とか。

これらのアイテムが”ダサい”といわれるのは、“カジュアルすぎる”から。

“カジュアルすぎる”と、どうしても”子供っぽい”って印象を与えてしまいます。

なので、無駄なデザインやごちゃごちゃした装飾が入ったものは、避けるべき。

特に、注意しないといけないのが”靴”。

意識してないとカジュアルなものを選びがち。

靴を見て「かっこいいな」って思って買っても、いざ他の服と合わせてみると、靴だけデザインが凝っていて

「なんか靴だけが浮いてるな…」

なんてことがよくあります。

アイテムを選ぶ際は

  • シンプルかどうか
  • 無駄なものがないか

を意識して選んでみて。

注意2︰落ち着いた色を使う

原色に近い派手な赤・青・黃・緑もまた、”子供っぽい”印象を与えがち。

なので使うのは、大人っぽく落ち着いた印象を与える色。

たとえば

  • モノトーン(白・黒・グレー)
  • ネイビー
  • ブラウン
  • ベージュ
  • オリーブ(カーキ)

など。

特に、グレーネイビーは、合わせやすい色。

基本は、その4色をメインにコーディネートしていきます。

また、アイテムによっては、ブラウンやベージュ、オリーブ(カーキ)が定番の色であることも。

そういう場合に限って、それらの色を使っていく。

そうすると、色で失敗することはなくなります。

注意3︰使う色を少なくする

コーディネートのコツとして、よく言われるのが

“色は3色以内にすること”

というもの。

なぜなら、カラフルな服装は、”子供っぽい”印象を与えてしまうから。

では、3色以内にしようと思うとどうするべきか?

同じ色のアイテムを使うしかないですね。

特に、いままでおしゃれに興味がなかった人にオススメするのは、”ズボンと靴を同じ色にする”ということ。

なぜなら、ズボンと靴の色を合わせておくと、全体的に整った印象を与えやすくなるから。

まったく同じでなくても、同じような色ならOKです。

また、ズボンや靴は、ジャケットやシャツよりも暗い色にするのがベター。

下に暗くて濃い色、上に薄くて明るい色があると、合わせやすく、コーディネートがまとまりやすいのです。

なので、できればズボンや靴で”白”を選ぶのは避けたいところ。

まずは、黒・ネイビー・グレーといった色のズボンや靴から揃えていくのがオススメです。

ここまで紹介してきた”きれいめ”ファッションのコツなどをまとめると

極意:”ビジネスカジュアル”をさらにカジュアルにする

メインに使うアイテムは”ビジネスカジュアル”でも使えるもの。

具体的には

  • えり付きのシャツ
  • テーラードジャケット
  • スラックスorチノパン
  • コート類

など。

さらに、カジュアルにするのに使えるアイテムは

  • Tシャツ
  • ジーンズ
  • パーカー
  • ケーブルセーター
  • タートルネックセーター
  • スニーカー

など。

注意点は

  • シンプルなものを
  • 落ち着いた色を使う(※特に、黒・白・グレー・ネイビー)
  • 使う色を少なくする(※ズボンと靴を同じ色にするのがオススメ!)
スポンサーリンク
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)