プレゼントは自分の頭で考えないと、意味がない

“プレゼントって、何が喜ばれるんだろう?”

いままで考えてこなかったこの問いに、取り組まないといけない時がきた。

3月14日、ホワイトデー

“お返しはどうすればいいんだ?”

頭を悩ます日々が始まった。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

一生懸命考えてくれたことが嬉しかった

2月14日、バレンタインデー

仲のいい女性がチョコレートをくれた。

中身は、手作りのチョコレート

女性
実はね、手作りにするか、お店で売っているものにするか迷ったんだよ!
にいろくお
なんで?手作りのほうが嬉しいやん!

“男だったら、売っているものより手作りのほうが嬉しいよな?”と思いつつ、聞き返した。

女性
でも、手作りって抵抗感ある人いるじゃない?”人が作ったものを食べれない”っていう人もいるし。

彼女に言われるまで、そんなこと考えたことがなかった。

それと同時に、“そこまで考えてくれた”ということが嬉しかった。

“チョコレートを渡す”

行動だけみれば、ほんの数秒で終わること。

でも、彼女はそこに至るまでに、”手作りにするべきかどうか”以外にも、いろんなことを考えた。

買い出しから始まり、貴重な休日の時間を使ってチョコレートを作ってくれた。

そんなことを考えてると、真剣な表情でチョコレートを作ってる彼女の顔が頭に浮かんだ。

その姿を想像して、心が温かくなった。

同時に、“彼女に喜んでもらえるお返しをしたい”と強く思った。

私も、一生懸命考えないとダメだ!

次の日から、お返しの品のリサーチが始まった。

ネットで調べて、”ホワイトデーのお返し〇〇選”なんて記事を読みあさったり。

友達に恥ずかしげもなく

にいろくお
お返しって何がいい?

なんて聞いたり。

友達
急にどうしたん?笑お前に何があったんや?笑

なんて、からかいながらも

友達
俺は、いつも✕✕を返すで!

って意見をくれたり。

いままでバレンタインとは無縁だった私には、どの情報も参考になるものばかりだった。

でも、どのお返しもよく見え、さらに迷うことになった。

にいろくお
結局、どれが正解なんだ?

余計にわからなくなっていった。

そんなとき、ふと彼女がくれたチョコレートの空き箱が目に入った。

“私のために、いろいろ考えてくれたんやなあ”

“手間暇かけて作ってくれたんだなあ”

そんな気持ちを感じたチョコレートが、どんなに高価なプレゼントよりも嬉しかった。

にいろくお
だったら、私も真剣に考えないとあかん!答えは自分で見つけんとダメなんや!

自然とそういう気持ちになった。

ネットの情報や友達のアドバイスは参考になる。

でも、それをすぐに”答え”にしてはいけない。うのみにしてはダメだ。

その”お手軽な答え”には、気持ちを感じられない。

気持ちがこもっていない”すっからかん”なお返しになってしまう。

それでは、彼女は喜んではくれない。

彼女のことを考えて、手間暇を惜しまず、お返しを選ぶ。

そうすることで、彼女は一層、喜んでくれる。

ヒントは至るところにある

そんなことを考えているとき、ある本のことを思い出した。

その本とは、“LOVE理論”

著者は、”夢をかなえるゾウ”で有名な水野敬也さん。

そこには、こう書いてあった。

相手を喜ばせるために頭に汗をかき、時間をかけて考える。

それは相手からしたら、それだけ自分のことを考えてくれた、自分に注目してくれた、ということに他ならない。

その誠意は必ず相手に伝わる。

(中略)

その人に渡すだけの理由があるプレゼントを選べということだ。

(引用元:LOVE理論 第7講 サプライズ理論)

いま一度、彼女とのいままでの出来事を思い返す。

話した内容やふとした行動、仕草など。

それらの中に、お返しのヒントとなるものがいくつか思い浮かんできた。

  • 極度の冷え性であること
  • かわいいものが好きなこと
にいろくお
そういえば、極端に手が冷たかったな…。冬なのに、手袋もしてなかったし
にいろくお
体が温まるものってなんだろう?一度調べてみるか!…しょうが湯とかが効くみたい!紅茶もいいって!
にいろくお
ショップに行くと、いつもぬいぐるみコーナーに行ってたな。”学生の頃から好き”って言ってたし。

悩んでいたのが嘘みたいに、次々とプレゼントの案が出てきた。

どれも”ネットや友達に聞いて、お返ししよう”と考えていたときには浮かばなかったものばかり。

簡単に答えを求めようとすればするほど、答えは見つからない。

相手のことを思い、自分の頭で「ああでもない、こうでもない」と悩んで、考える。

そうすることで初めて、答えにたどり着く。

私が行き着いたのは、クッキーと紅茶のセット。少しありきたりになった感は否めないけど。

にいろくお
ホワイトデーは、クッキー渡したいな。紅茶はクッキーに合うし、冷え性にもいいみたい。少しでも冷えがマシになるかな?

彼女、喜んでくれるといいんだけど、どうだろう?

~追記 2018/05/02~

ホワイトデーのお返しは、喜んでもらえたみたい!

今回の件で

にいろくお
よっしゃ!プレゼントの選び方わかったで!

と思っていた。

でも、それはただの”思い上がり”だった。

→「彼女への誕生日プレゼントは、何を贈れば良かったのだろう

スポンサーリンク
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)