内面を磨くには”読書”が最も効果的だった

社会人になって初めた読書。

初めは、通勤電車の暇つぶしに読んでいただけだった。

主に読んでいたのは、ビジネス書や自己啓発本、実用書など。

でも、あるとき

“読書って、内面を磨くのに効果的な手段かも?”

って思えるようになってきた。

ここでは、読書の習慣によって、”どのように変わったか”を紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

“いろんな考えがあってもいい”って気づいた

本を読んでいると、いろんな主張や結論に出会う。

ある本では推奨されていたことが、他の本ではやってはいけないこととして挙げられていたり。

また、同じ出来事や仮定から、まったく違った結論が導かれることも。

逆に、異なる仮定から出発したのに、最終的に同じ結論に至ったり。

にいろくお
正解は、人の数だけあるのかもしれない。

ふと、そう思ったり。

同じ人でも、時間とともに考え方が変化していく。

同じ作者でも、過去に出版した本と違うことを主張しているときもある。

「前と言ってたことが違うやん。」

と、いったん思うが

にいろくお
でも、どんな心境の変化があったのだろう?何があったのだろう?

なんてふうに考えなおす。

本を読む前は、無意識に”答えは必ずひとつだけ”って決めつけていた。

でも、“これが絶対に正しい”といえることはめったにない。

だから、いろんな考え方があっていい。

そう思えるようになってから、少しずつ内面にも変化が表れてきた。

相手の言い分を受け止められるようになった

私は、ものすごく頑固だ。

言い争いになっても、いつも自分の主張を曲げなかった。

「絶対自分のほうが正しい。」

「相手が間違ってる。」

そう思って、相手の話をいっさい聞かなかった。

だが、ストレスだけは溜まっていった。

怒りがおさまらず、余計に腹が立つことばかり。

でも、いまは

にいろくお
相手のいうことも一理あるかもしれない。

と頭によぎり、落ち着きをとり戻せる。

にいろくお
自分が、相手の主張を十分に理解できていないだけかもしれない。

と相手の言い分にも耳を傾けられる。

注意深く聞いてみると、相手の意見も案外、的外れでなかったり。

ときには、私より先を見越してたり。

にいろくお
そういう考え方も”あり”なんじゃないか?

そんなことに気がつくようになった。

白黒はっきりつけることが、いつでも正しいことだとは限らない。

相手を受け入れる度量みたいなものが、少しだけ広くなった気がした。

“なにか事情があるのかも”と思えるように

器の小さい私は

  • 時間を守れない
  • 約束をすっぽかす
  • 仕事をきっちりやらない

などの行動を許せなかった。

  • 「なんで遅れてくるん?」
  • 「約束を忘れるってありえへんやろ!」
  • 「お前がやるべきやねんから、きっちりやれや!」

口には出さなくても、心ではそう思っていた。

態度にも出ていたと思う。

でも、人を動かすという本に出会ってから、少し考え方が変わった。

人を非難するかわりに、相手を理解するように努めようではないか。
どういうわけで、相手がそんなことをしでかすに至ったか、よく考えてみようではないか。
そのほうがよほど得策でもあり、また、おもしろくもある。
そうすれば、同情、寛容、好意も、おのずと生まれてくる。

(出典:人を動かす P.32 [PART1 1.盗人にも五分の理を認める] )

にいろくお
なにかやむを得ない理由があるのかもしれない。

いままで、そんなことを考えることはなかった。

  • 「ひょっとして、体調が悪かったから遅れてきたのかな?」
  • 「約束を忘れるほど忙しかったのかな?」
  • 「飼ってたペットがいなくなったとか、恋人と別れたとか、仕事に身が入らない理由があるのでは?」

そう考えだした途端、相手を責めようという気持ちはなくなった。

すると、不思議とイライラすることは少なくなった。

そのとき、はじめて、いままで、どうでもいいことで腹を立てていたことに気がついた。

“読書”と”人付き合い”って似てる

“人付き合い”“読書”は似てる。

読書してると、作者と対話しているような感覚に。

初めましてのときは

「どんな人(本)なんだろう?」

って中身を知ろうとする。

「あなたはどんな人?」

って問いかける。

ひと通り話し(読み)終えると、なんとなくわかった気になる。

でも、初対面の人は、なかなか本性を表さない。

一回見ただけでは”上っ面”しか分からない。

パッと見てわかるところは本質じゃない。その人の”本当”を表していない。

何度も接してみてはじめて、それまで見えてなかったものに気づく。

似ているからこそ、読書の習慣は、現実の人付き合いにもプラスになる。

読書離れ・活字離れが叫ばれる現代。

読書の習慣をつけるだけで、他の人と大きなアドバンテージをつけることができる。

読書で内面を磨き、素敵な人へ。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

フォローする

スポンサーリンク
レクタングル(大)