冬は”チェスターコート”を着たら、簡単におしゃれになった

冬になったら、みなさんはどんなコートを着てますか?

  • ダウンジャケット?
  • ピーコート?
  • ダッフルコート?

でも、私がオススメしたいが”チェスターコート”です。

なぜなら、チェスターコートを着るだけで、簡単におしゃれに見せることができるから。

ここでは、まず、ユニクロやGUでも買えるコートを紹介。

そして、なぜ”チェスターコート”がオススメなのか、どんな服とあわせて着ればいいのかを説明します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ユニクロ・GUで買えるチェスターコート

ウールブレンドチェスターコート

オススメの色は”カーキ”と”グレー”。

”きれいめ”にしようと思ったら、ズボンの色を濃いものにしたい。

ズボンは、”シンプルで濃いめ”ならセンスがなくても大丈夫!

そうすると、”ネイビー”や”黒”を選んでしまうと、全体的に暗くなってしまいます。

「どうしても”ネイビー”や”黒”を着たい」という場合は、”マフラーやストールで明るい色を加える”など、少し工夫が必要に。

価格も、6000円代とお手頃なのもGood。

ウールカシミヤチェスターコート

カシミヤ入りの贅沢素材。今季は着丈を3cm短くし、すっきりとしたシルエットを実現。

オススメの色は”ブラウン”。

GUのチェスターコートとの違いは、”質の良さ”。

価格は、15000円代になりますが、それだけの価値はあると思います。

「それ、ユニクロ?」って絶対に気づかれないほど、質がいいので。

”きれいめ”のコートなので、おしゃれにしやすい

なぜ、チェスターコートがオススメなのかというと、スーツの上から着れるほど”きっちり”としたコートだからです。

冬って、どうしても重ね着をしますよね?

シャツの上からセーターを着たり、パーカーを羽織ったり。

そうしていくと、無意識のうちに、どんどん”カジュアル”になってしまいます。

そこで、さらにダウンジャケットなどの”カジュアル”なコートを着てしまうと、どこか”子どもっぽく”なっていきます。

そうならないためにも、”きっちり”としたチェスターコートを着ることで、”きれいめ”に近づけていくわけです。

”きれいめすぎる”と感じたら、カジュアルなアイテムと合わせる

濃い色のズボンを履いて、”きっちり”としたチェスターコートを上に着る。

そうすると、全体の7割ほどが決まります。

そこからさらに、襟付きのシャツを着ていたり、ローファーやダービーシューズといった”きれいめ”の靴をあわせたりすると、「なんか”きれいめ”すぎない?」と感じることがあります。

そんなときは、次のような工夫をしてみてください。

  • パーカーを着る
  • スニーカーを履く

パーカーを着る場合は”グレー”のシンプルなものを。

スニーカーなら、合わせやすい”ネイビー”や”グレー”、”黒”のものをチョイス。できればロゴとかあまり入っていないものを。

チェスターコートを着るときに意識することは、”カジュアルな要素を少し加える”ということ。

それを意識するだけで、うまいことバランスがとれ、チェスターコートをおしゃれに着こなせます。

一度、お試しあれ!

スポンサーリンク
レクタングル(大)