”テーラードジャケット”を着たら、”おしゃれ!”って褒められた

社会人になるまで、おしゃれにまったく興味がなかった私。

にいろくお
このままじゃマズイ…!

そう思い、ファッションに関する本をいくつか読んで、真っ先に買いに行ったのが”テーラードジャケット”

後日、友達と遊びに行ったとき、そのジャケットを着ていった。

第一声に言われたのが

友人A
お前、おしゃれになったな!

という一言。

”テーラードジャケット”には、そう言わせるほどの”おしゃれに見える力”があります。

ここでは、まず、ユニクロで買えるおすすめのジャケットを紹介します。

そして、ジャケットを買う際の注意点やコーディネートのコツを説明します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

 ユニクロで買えるおすすめのジャケット

ドライストレッチジャケット(ウールライク)

ビジネス、カジュアル、スポーツ、あらゆるシーンに対応するオールマイティジャケット!

ドライ素材なので、温かい春先でも快適に着れる。

また、値段も6000円代なので、”初めてジャケットに挑戦!”という人にこそ試してもらいたい。

”寒くなってきたら、セーターやチェスターコート着るし、温かい季節に着れればいいや”と思う人は、この”ドライストレッチジャケット”でOK!。

ストレッチウールジャケット(スリム・秋冬)

上質ウールを使った繊細かつ大人の風格溢れるスリムジャケット。

”寒い季節にジャケットを着たい”という人には、こちらの”ストレッチウールジャケット”。

色は”グレー”がおすすめ。

値段は1万円を超えますが、上に挙げた”ドライストレッチジャケット”よりも質はいい。

中に明るめの色のセーターを着るなら、ジャケットは”黒”や”ネイビー”でもいいかも。

職場で”カジュアルビジネス”を導入しているなら、この”ストレッチウールジャケット”が重宝すること間違い無し。

オールシーズン用もあります)

ここまで、ユニクロで買える”テーラードジャケット”を紹介してきました。

ここからは、ジャケットを買う際の注意点と、コーディネートのときに気をつけたい店を説明します。

 ジャストサイズを選ぶ

まず、買う際の注意点ですが、”ジャストサイズを選ぶ”ということです。

なので、必ず試着をしてください。

「普段、服はMサイズだから、ジャケットもMサイズでいいや」なんて選び方はしないでください。

私の場合、普段のMサイズよりワンサイズ小さいSサイズのジャケットがピッタリと合っていました。

試着しているときに、特に確認してほしい点は、次の2つです。

  • 肩幅はあっているか?
  • すその長さは長すぎないか?

まず、”肩幅があっているかどうか”ですが、ジャケットが大きいと、少したわんで、縦のシワができます。

逆に、小さいと引っ張られることで横のシワができてしまいます。

また、すその長さは、ベルトは隠れるけど、お尻をすっぽりと隠してしまうことはない長さのものを選びます。

お尻のてっぺんにかかるかどうかというぐらいの長さがちょうどです。

 ”カジュアル”な要素を足すことで、おしゃれに

”テーラードジャケット”は、形状などスーツにそっくりです。

ズボンに黒いスラックスを履き、襟付きの白シャツを着てしまうと、”きっちり”しすぎてしまいます。スーツみたいになってしまうというか。

なので、私服で着る場合は”きっちりしすぎない”ために、どこかに”カジュアル”な要素を付け加えることをおすすめします。

例えば

  • ジーパンを履く
  • ボーダーのTシャツを着る
  • スニーカーを履く

など。

そうすることで、うまいこと”カジュアル”と”きれいめ”の要素がミックスされ、おしゃれに見えます。

スポンサーリンク
レクタングル(大)