”セーター”はユニクロで買えば、まちがいなし

寒くなってきたら、着たくなるのが”セーター”

そんなとき、大活躍するのがユニクロ

「このセーターをこの価格で!?」と思えるほどの商品がそろっています。

ここでは、まずユニクロで買えるオススメのセーターを紹介します。

次に、セーターを実際に着用するときのコツを伝授します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ユニクロのおすすめニット2点

エクストラファインメリノクルーネックセーター

艶やかで繊細な上質ウール100%。細部の寸法やリブの強さまでこだわり抜いた逸品。

比較的どの色もいいですが、使いやすいと思う色は”グレー”

ニット類は特に、目が粗いと子どもっぽく見えてしまいます。

でも、このエクストラファインメリノセーターは、なんといっても”目が細かい”

スーツとあわせて着てもおかしくないほどのきめ細やかさ。(スーツと合わせるなら”黒”や”ネイビー”もGood)

ジーンズなど、多少カジュアルなズボンを履いていても、このセーターを着ていると”きれいめ”のファッションに近づけることができます。

コットンカシミヤケーブルクルーネックセーター

ケーブルの幅やピッチを見直し、よりメンズらしいデザインへアップデート!

オススメの色は”白””グレー”

濃いめのジーパンと合わせると、簡単におしゃれに見えます。

エクストラファインメリノセーターでは、”きっちりしすぎる”と思ったときにも使えます。

個人的には、エクストラファインメリノセーターよりもオススメ。

ズボンよりも薄い色に

オススメ商品を2点紹介しましたが、どちらにもオススメの色に”グレー”が入っています。

”グレー”を入れた理由は、濃いめのズボンに合わせやすいから。

ズボンは、”シンプルで濃いめ”ならセンスがなくても大丈夫!

”黒”や”ネイビー”も合わせやすいのですが、全体的に色が暗くなってしまいます。

”グレー”ならどの色とも合わせやすく、暗い印象になりにくい。

そのため、1枚”グレー”を持っているだけで、コーディネートがずいぶん楽になります。

下に”白シャツ”を着ると、より”きれいめ”に

「ジーンズにケーブルセーターだとなんかカジュアルすぎない?」

「セーターだけだと、首元がなんかさびしい…」

そのように感じたときは、セーターの下に”白シャツ”を着るのがオススメ。

セーターの首元からシャツの”えり”を出すことで、より”きれいめ”な印象を出せます。

また、首周りにから白色が見えるので、セーターに”ネイビー”や”ブラック”を着ても、地味になりすぎません。

”白シャツ”は、どんな場面でも使える万能アイテムなので、一枚は持っておきたい。

上に着る服で迷ったら、”とりあえず白シャツ”で大丈夫

スポンサーリンク
レクタングル(大)