上に着る服で迷ったら、”とりあえず白シャツ”で大丈夫

「靴もズボンも揃えた。でも、上に何を着ればいいか分からない…」

そんなときは”とりあえず白シャツ”でOK!

白シャツを持っていれば、なんとかなります。

まず、ユニクロや無印で買えるおすすめの白シャツを紹介します。

その後で、白シャツを選ぶ理由や、購入時の注意点をご説明。

ちなみに、「まだ靴とズボンを揃えていないや…」という人は、

ズボンは、”シンプルで濃いめ”ならセンスがなくても大丈夫!

GUの靴は、いままでおしゃれに興味がなかった私に、ピッタリだった

をチェック!

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ユニクロ・無印で買えるおすすめの白シャツ

オックスフォードシャツ

素材、ディテール、シルエット全てにこだわり抜いた大定番。

このオックスフォードシャツと、ビジネスで使われるYシャツとの主な違いは”生地”

ビジネスで使われるような生地だと”きっちりしすぎた”印象を与えてしまいます。

でも、オックスフォードシャツは少し粗い目であるため、ビジネス用のYシャツと比べると”少しカジュアル”な印象。

そのちょっとした”カジュアルさ”が私服にピッタリ。

オーガニックコットン洗いざらいブロードシャツ

上で紹介したユニクロの”オックスフォードシャツ”との違いは、”丈の長さ”。

ユニクロの”オックスフォードシャツ”よりも丈が短い。

なので、夏場、”ボタンを開けて、シャツの上から一枚羽織る”のに使えます。

次に、白シャツを選ぶ理由や、購入時の注意点を紹介します。

明暗をつけやすいし、”きれいめ”に見える

服を選んでいて思うのは、”上に着るシャツはズボンより明るいほうがおしゃれに見える”ということ。

”じゃあ、1番明るい色である”白”を上に着ればいいんじゃない?”

白シャツをすすめるのは、そういった単純な考えがあるから。

また、白シャツには、”えり”が付いているから、カジュアルになりすぎず、いわゆる”きれいめ”のファッションにしやすいということも理由のひとつ。

意識していないと、どうしてもカジュアルな服装になってしまいがち。Tシャツとかパーカーとか。

白シャツを着ることで、”きれいめ”に見せましょう。

ちなみに、上に”白”以外のシャツを着る場合は、濃いめのズボンをもってくると合わせやすくなります。

ズボンは、”シンプルで濃いめ”ならセンスがなくても大丈夫!

シャツの”すそ”は入れる?出す?

私は、”すそ”を出すかどうかは、”カーディガンやセーターを着るかどうか”を使い分けています。

  • 着る場合は入れる。
  • 着ない場合は出す。

これが1番無難。

よく、ファッション系のサイトなどを見ていると

「セーターの”すそ”から白シャツの”すそ”をちょこっとだけ出しておしゃれに!」

なんてあります。

でも、シャツとセーターの”すそ”のバランスが難しい。

なので、いままでおしゃれに興味がなかった人は、白シャツの”すそ”をセーターから出さないほうがいい。

また、シャツを出す場合は”すそ”の長さに気をつけましょう。

シャツを出したとき、”お尻の頂点(1番でっぱったところ)が隠れるかどうか”というものを選びます。

お尻がすっぽり隠れてしまうと、ダボダボな印象を与えてしまいますので。

選ぶときは、シンプルなものを

私が白のシャツを選んでいるときに心がけていることは、主に2点です。

  • ボタンとシャツの色の明暗が同じか
  • 余計な装飾が施されていないか

黒いボタンが付いていたり、”えり”や”そで”の部分にチェック模様が入っていたりすると、どうしても子供っぽく見えてしまう。

白シャツは”シンプル”だからこそ、”きれいめ”に見える。

だからこそ、無駄がないものを選びたい。

スポンサーリンク
レクタングル(大)