“お金を増やして、どんな生活がしたいの?”って考えたときの話

一度、みなさんに考えてもらいたいことがあります。

それは「お金を増やして何をしたいの?」ということです。

「お金は多いほうがいいに決まってるだろ!何を言ってんだ!?」

と思うかもしれません。

でも、“何をしたいか”、”どうしたいか”を明確にもっていないと、お金に踊らされることになるかもしれません。

ここでは、私がなぜ、そう思うようになったのかを紹介します。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

なぜ、”お金を増やしたい”と思ったのか?

私が”お金を増やしたい”と思った理由は、漠然とした将来に対する不安があったから。

  • 老後が心配だ…
  • 結婚したら、お金のことで喧嘩したくない
  • 子どもの養育費っていったいいくらかかるの?

そんなことを考えていると、お金を使うことに躊躇するようになった。

にいろくお
(いまのうちから貯めておこう…)

でも、私は中小企業の一般的な会社員。年収なんて限られています。

そんなやつがコツコツと貯めたところで、たかが知れてます。

にいろくお
(いまのうちから増やすことを考えないとダメだ…)

そう思うようになりました。

お金のためだけにそんな生活がしたいの?

にいろくお
お金を増やすなら、投資だろう

安直な思考ですが、投資に興味を持つようになりました。

みなさんは、投資に対してどのようなイメージをもっていますか?

そのときの私のイメージは

「一日中チャートに貼りつき、売り買いを繰り返す」

というものでした。

でも、ふと思ったのです。

にいろくお
本当に、そんな生活がしたいの?

常にチャートを気にして、お金のためだけに時間を費やす。

にいろくお
そんな夫を持った妻、そんな親を持った子どもは幸せなのか?

将来、お金のためだけに家庭をかえりみないような夫になりたくありません。

にいろくお
それって自分が望んでいた生活なのか?

そんな生活、楽しいはずがない。

そんな疑問を持ちながら、投資に関する情報を集めていました。

いまの私は、こうなっていたかもしれない

そんなとき、ある一冊の本に出会いました。

「そんな”ほったらかし”で勝てるわけないだろ!」と思いつつも、手にとってみました。

その本の序章では、著者の水瀬ケンイチさんが”ほったらかし投資(インデックス投資)”に行き着くまでの経緯が書かれていました。

見よう見まねで日本株の個別投資からスタートしました。
いろいろな方法を試してみました。
まずは、チャートに従ってゴールデンクロスで買ってデッドクロスで売ってみました。
(中略)
それらの個別株投資を続けてみて、儲かったり損したりしましたが、冷静に計算してみると結局は手数料も込みで損失になってしましました。

これが、私が足を踏み入れようとしていた世界の実態だった。

いくら時間をかけ、勉強を重ねても、なかなか成果に表れない報われない世界。

文章は、次のように続いていく。

自分なりに分かったことが二つありました。
一つめは、個別株投資は生活に支障をきたすということです。(中略)四六時中、株のことが気になってしまうのです。

とことんのめり込むタイプの私。

四六時中、株価のことが気になり、仕事もプライベートも手につかなくなることは明らかだった。

暇さえあれば、「損していないか?」が気になり、チャートを眺めるだろう。

仕事中でも、仕事に身が入らず、トイレに駆け込みチャートをチェックするだろう。

二つめは、個別株投資では、どんなに厳選した銘柄も市場全体が下落するとそれにつられて一斉に値下がりしてしまうことがあるということです。

凝り性な私。

自分が納得いくまで銘柄を選び続けるだろう。いつまでも終わりなく。

でも、不景気になれば選んだ銘柄に関係なく損をする。

いままの努力が、一瞬にして水の泡に…。

“もしかして、私もこうなっていたのかもしれなかった。”

“お金を増やしたい”と思う理由は何ですか?

「あなたにとって、本当に投資は必要なのですか?」

極端なことを言うと、私は

「いまに満足しているなら、将来に不安がないなら投資なんてやらなくていい」

とさえ思っています。

「お金を増やして何をしたいの?」

「どんな生活をしたいの?」

「本当に手に入れたいものはなんですか?」

もう一度考えてみてください。お金よりも、もっと大事なものを失ってしまう前に。

スポンサーリンク
レクタングル(大)