ズボンは、”シンプルで濃いめ”ならセンスがなくても大丈夫

おしゃれに興味を持ちはじめたとき、1番最初に買うべきものは、”ズボン”。

なぜ、初めにズボンを買うべきなのか、その理由をここで説明します。

理由を説明する前に、ユニクロで買えるオススメ商品を3点、ご紹介。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

ユニクロのおすすめのズボン3つ

ストレッチ スキニーフィットカラージーンズ

シャープな細身でも動きやすい!季節感をプラスするカラータイプのスキニージーンズ。

オススメする色は”黒”

黒をオススメする理由は、どんな服にでも合わせやすいから。

最速でおしゃれに見せる方法でも、”黒スキニージーンズ”が紹介されていました。

”ベージュ”や”オリーブ”を履いてしまうと、どうしても子供っぽく見えたり、逆に親父くさく見えたり。

「迷ったら、これの”黒”を買え!」と言えるほどの商品。

ユニクロなので、値段も高くない。

いままでおしゃれに興味がなかった人にこそ、手に取ってもらいたい。

ただし、”脚のところがピチピチすぎる…”って感じたら、ワンサイズ上げてみてください。

スリムフィットジーンズ

細身なのにラクにはける!ヴィンテージな表情も魅力のスリムジーンズ。

ブルーでも、薄い色と濃い色の2色あるけど、オススメは”濃い方のブルー”

”薄い方のブルー”だと、どうしてもカジュアルになりすぎてしまう。

ズボンでカジュアルさを出しすぎてしまうと、上に着る服を慎重に選ばないと、ダサくなりやすい。

最初は、”濃いめ”がいい。

ドライEXウルトラストレッチアンクルパンツ

タウンにもスポーツにも使える!超伸縮&超速乾の高機能イージーパンツ。

「でも、夏に黒やネイビーを着ていると、なんか暑苦しい…」

そんな悩みを解消してくれるのが、このズボン。

夏に履くなら、”グレー”一択。

見た目はスラックスに近いので、カジュアルに見えません。

アンクル丈(くるぶしが出る丈の長さ)なので、夏でも快適。

ドライ素材なので、ムレにくくなっているのもいい。

夏以外に履くなら、”黒”や”ネイビー”もオススメ。

以上、オススメの3商品を紹介しました。

ここからは、ズボンにシンプルで濃いめの色(黒・ネイビー・グレー)を持ってくるべき理由を説明します。

上に着る服と合わせやすくなる

”黒”や”グレー”、”ネイビー”はどの色とも合わせやすい。

これらの色のズボンを履いていると、極端にダサい服(英語が印字されている服とか、デザインが入りすぎている服とか)を着ない限りは大丈夫。

ズボンを変えるだけで、全体の印象が大きく変わる。

(参考)白のズボンは難しい

下半身はスラッと見せたい。

でも、白は膨張色。下半身が太く見えてしまいます。

そのため、太く見えないように、シルエットをしっかりと見極める必要がある。

確かに、白を履きこなせればおしゃれに見えますが、少しでも間違えるとダサくなる。

白ってそんな色。

※スラッと見せようと思ったら、足先に行くにつれて細くなっている形(”テーパード”って言われます)のズボンを選ぶといい。

子どもっぽくならない

お店でズボンを探していると、チェック柄が入ったものや派手な色のものを見かけます。

でも、おしゃれに興味がない人は、最初に手を出すべきではありません。

理由は、子どもっぽくなるから。

子どもの頃、どんな色が好きでしたか?

”赤”や”青”など派手な色が好きだったという人が多いと思います。

今度は、ビジネスマンを想像してください。

スーツって、”黒”・”ネイビー”・”グレー”が多いでしょ。

柄なんかほとんど入っていない。入っていたとしても、細いストライプぐらい。

なにが言いたいかというと

  • 子どもが好きな色の服を着ている→子どもっぽい
  • スーツに使われる色の服を着ている→大人っぽい

という印象を与えてしまうということ。

つまり、大人っぽく見せようと思ったら、”黒”・”ネイビー”・”グレー”。

まずは、ズボンと靴をそろえるところから始めませんか?

GUの靴は、いままでおしゃれに興味がなかった私に、ピッタリだった

スポンサーリンク
レクタングル(大)