2人にアプローチするのって”あり”?

同時に2人の女性にアプローチをかけるのはどうなんでしょうか。「付き合っている人がいないので、浮気にならないし許されるだろう」と思う一方で、何か後ろめたいことをしているみたいで、相手に失礼と感じてしまったり…

そこで、2人にアプローチするメリットやデメリットを考えてみたいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

女性との接し方がわかるようになる

複数の女性にアプローチをかけると、必然的に女性と交流する機会が増えます。初めは、会話するだけでも緊張し、不自然なふるまいを行ってしまうかもしれません。しかし、回数を重ねるにつれ、女性とも自然と接することができるようになります。特に、私のように、これまであまり女性と接してこなかった人は、日常生活の中でも、女性と関わる機会を増やしていきたいです。

心に余裕ができる

一途に一人の女性にしかアプローチせずにその女性に固執していると、どうしてもその人の言動・行動に一喜一憂してしまいます。また、女性の立場からすると、「あいつ、必死すぎて引くわ」といったことになりかねません。

しかし、複数にアプローチしていると、「一人がダメでも他の人がいるし」と思えるようになります。心に余裕を持った態度というのは、女性に安心感を与えるのではないでしょうか。

複数にアプローチしていることをバレないように

いままでメリットを上げてきましたが、デメリットもあります。複数にアプローチしていることがバレてしまうと、好ましい印象を与えない、ときには間違った印象を与えてしまうということです。つまり「一途じゃないのかな」「本当に私のことが好きなのかな」「付き合ったとしても浮気するんじゃ?」と女性に思われる可能性があるということです。

複数にアプローチする場合は、お互いに接点がない女性を選ぶべきです。女性はおしゃべりが好きです。恋愛話などは大好きです。お互いに接点がある女性にアプローチしていると、話の流れから「この前、○○さんに食事に誘われたんだけど」「えっ、私もこの前…」ということになりかねません。

これらのメリット・デメリットを念頭に置き、あなたの立場や環境に応じて、どのようなアプローチ戦略を取っていくか、一度考えてみるのもいいかもしれません。

スポンサーリンク
レクタングル(大)